2012年4月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:20 Apr 11 2012

日本人の対中国好感度が低下、約20%に

 1980年代、日本人の70%以上が中国に対して親近感を抱いていたが、現在は約20%まで低下している。中国青年報が伝えた。

 ◆好感度低下の背景とは

 日中国交正常化40周年を記念するため、外務省の招請を受け、中国外交部新聞団(10名)が、東京・仙台・京都を訪問した。一行は、日本の政府・民間の日中関係に対する意見を聞き、東日本大震災による被害を視察し、日中両国間の相互理解の促進に努めた。

 国交正常化から40年間、両国は政治・経済・文化・観光等の分野で提携と交流を強化してきた。例えば両国の貿易総額は、1972年の時点では11億ドルのみであったが、昨年は3449億ドルを上回った。

 両国の交流の拡大に伴い、一部で摩擦が生じている。残念ながら、両国の国民感情は悪化している。外務省の関係者は、1980年代、日本人の70%以上が中国に好感を持っていたと述べた。直近の調査によると、中国に好感を持っていると回答した日本人は、約20%のみにとどまった。同時に、日本に好感を持っていると回答した中国人も、約30%のみとなった。

 早稲田大学日中関係史教授の劉傑教授は、「日本国民の中国に対する好感度の低下は、歴史認識問題、領土問題、経済貿易問題、食品安全問題等の要素が複雑に絡み合った結果である」と指摘した。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古