2012年4月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:31 Apr 11 2012

日本の「オタク」傾向益々深刻に 未来はどこへ?

 「オタク文化」の発祥の地は日本である。その文化によって、日本の社会には沢山の「オタク」が生まれた。今、「オタク文化」は止まることなく広がり、「オタク傾向」も日増しに激しくなり、日本の若者には家好きの「オタク」だけでなく、国内好きの「オタク」も多いようだ。

 4月に発表された調査報告によると、日本の高校生で、海外に留学したいと考えている人はたったの5割に止まり、中国・アメリカ・韓国・日本の4カ国の中でも最も少ない。また、海外への留学を希望している学生でも、留学期間は2年以内で、なるべく早く帰国することを希望している。

 別の調査では、2009年に海外留学した日本人は2008年に比べ6910人減少している。2010-2011年にかけて、アメリカの大学に在籍している日本人留学生の人数は1学年上より14.3%の減少となり、総人数は10年前の半分にも及ばない。2004年以降、日本人学生の海外留学は連続して急速に減少し、最盛期と比べ実に2万人以上の減少となっている。

 日本の就職状況が厳しいにもかかわらず、4月から就職する学生を対象にした調査では、3/4の人が海外での仕事を希望しないという結果になった。

 日本の若者が国内に留まり、海外に出たがらない理由について、調査では様々な回答があった。まずは経済的理由によるもの。日本経済の不景気で家庭の収入が大幅に減少し、教育への支出にも影響が出るのは避けられないことだ。国内での教育は大幅な節約となる。日本の大学の教育レベルが海外に劣らないと感じている学生も多く、わざわざ遠くで勉強する必要はないと考えている。更に53%の学生が「自分の国の方が生活しやすい」と答えている。海外での1人暮らしに不安を感じ、「めんどくさい」と思っている学生も少なくない。また、海外で仕事したくないと考えている人の多くは、自分の外国語のレベルに自信がないからで、「言葉の壁」は最も大きな心の壁でもあるようだ。海外の仕事に対し、極度の恐怖を感じている人もおり、近年のグローバル化の流れに不安を抱く人さえいる。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古