2012年4月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:20 Apr 16 2012

中国人女性が日本国籍を取得して芸妓に、外国人では初めて!

 レコードチャイナの報道によると、中国四川省出身の神楽雛子(傅莉=フー・リー)さんが日本国籍を取得して芸妓(げいぎ)になった。外国人の血が流れる芸妓の誕生は日本初だという。

 05年7月に中国の食品貿易会社の岐阜支社に派遣され、日本での生活を開始。会社の企画した宴席で芸妓の踊る姿を見てひと目で魅了され、いつか自分も芸妓になりたいという夢を抱いた。四川省成都市に住む両親に相談したところ、意外にも反対されず、逆に「そんなに好きなら頑張りなさい」と応援してくれた。しかし、芸妓業界には「芸妓は日本国籍の保有者」とのルールがあり、言葉とともに大きな障害となった。

 来日前は日本語を話せなかったが、独学でマスターし、言葉の問題を克服。11年11月には日本国籍を取得し、今年4月12日に岐阜芸妓組合に籍を置く正式な芸妓となった。芸名は莉那(りな)。

 同組合の熊沢順子組合長によると、最も栄えた昭和40年ごろには130人以上の芸妓が所属していたが、現在は神楽さんを含めて25人。「芸妓業界は徐々にすたれていく傾向にある。神楽雛子の加入が新たなエネルギーをもたらしてくれたら」と期待する。

 神楽さんは「日本を訪問する中国人は増えている。芸妓文化を通じて日中両国の文化交流の懸け橋になりたい」と抱負を語った。

 「新華網日本語」 2012年4月16日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古