2012年4月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:59 Apr 16 2012

北京市、各政府機関に一般開放日の設定を奨励

 北京市政府弁公庁は15日、各政府機関に一般開放を奨励する指導意見を公布した。今後は旅行社で予約したツアー客だけでなく、個人観光客も「政府機関の参観ツアー」に参加することができるようになる。京華時報が報じた。

 このほど公布された「北京地区の企業・事業機関・政府部門による一般開放日設定の奨励に関する指導意見」では、一般開放日の認可・設定、実行・普及などの問題に関する詳細な規定が設けられた。

 天安門観礼台、北京市軌道交通指揮センター、北京金融資産取引所の3機関はすでに一般開放をスタートしているが、現在は旅行社で予約したツアー客のみを対象としている。

 これに関し、指導意見では「開放日の設定当初は予約したツアー客を主な対象とするが、絶えず経験を蓄積し、施設を完備し、サービスの規範化を進めることで、徐々に個人観光客にも開放していく」と明確に規定された。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年4月16日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古