2012年4月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:18 Apr 18 2012

日本社会にホームレスが多く物乞いがいない理由

 14日の「日本新華僑報」によると、日本の街にはホームレスは存在しているが、ほとんど物乞いはいない。日本のホームレスには、ほんどうに生活のために路上生活しているものは少なく、多くは家があっても帰らない。ホームレスになる理由には2つあり、1つは社会に対するやる気をなくし、心理的に挫折した者で、ホームレスをすることで現実の挫折と悩みから逃げている。もうひとつは単純に自由を謳歌し、拘束のない生活をしたいものだ。 

 経済で一度は輝いた時代があった日本が、ホームレスが発生する国であることは想像が難しい。日本厚生労働省が4月13日に発表したあるデータによると、今、日本には全国で9576人のホームレスが都市の公園や川岸で生活している。その中でも大阪府のホームレスが一番多く、3分の1を占めている。その多くは男性で、女性はたった304人しかいない。 

 調査によると、ホームレスは一般的にアルバイトをしたり、プラスチック製品を拾って売ったり、また駅などで乗客が捨てた雑誌を拾って売って生計を立てている。ホームレスには年金に頼って生活しているものも少数いる。中国と比べて興味深い現象は、日本の街にはホームレスはいるが、ほとんど物乞いはおらず、街で物乞いをする人はいない。 

 周知のとおり、日本は豊かな国でよい社会福祉保障制度もあるが、依然として帰る家がない人もいる。しかし、彼らは一般的な意味での「物乞い」ではなく、日本社会でみられる現象の特色となっている。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古