2012年4月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:35 Apr 19 2012

中国国際園林博覧会のマスコット決まる

 第9回中国(北京)国際園林博覧会(園博会)のマスコットキャラクターが18日、北京で発表された。マスコットキャラクター「園園」のデザインは、163の団体・個人から寄せられた226作品の中から選ばれた。人民日報が伝えた。

 「園園」は、「北京市の花」に指定されている「月季(コウシンバラ)」をモチーフとしたデザインで、現代的なエッセンスと伝統的な中華民族色が融け合い、博覧会のテーマ「緑のシンフォニー 瑞々しい庭園」が見事に表現されている。花を擬人化したデザインは、生き生きとして可愛らしく、活力に満ち溢れている。

 第9回園博会組織委員会はすでに、国家工商総局商標局にマスコット商標申請の提出を終え、現在は関連手続きに沿って登録作業が進められている。今後は、完成した園博会マーケティング開発プランにもとづき、マスコットや関連商品の市場開発、フランチャイズ業務を展開する。

 第9回園博会は2013年4月から10月まで、北京市豊台区永定河のほとりで開催される。園区の重点プロジェクトは全て着工済み。博覧会の三大ランドマークとなる中国園林(庭園)博物館、メインパビリオン、永定塔はいずれも、今年9月に主体工事が竣工する予定。園区周辺の各種インフラ建設も加速しており、北京地下鉄14号線の園博園駅の建設も順調に進んでいる。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年4月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古