2012年4月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:07 Apr 26 2012

香港、中国大陸部からの越境出産を全面拒否へ 来年から

 香港に越境して出産する中国大陸部の妊婦が増加している問題について、香港特別行政区政府・食物・衛生局の周一岳局長は25日、「香港の永住権をもっている男性の妻が香港で出産を予定し、私立病院の入院を予約する場合、当局は身分を証明する書類を提出するよう求める」との方針を明らかにした。中国国営の「新華社通信」が報じた。

 同局は今月18日、夫婦がいずれも香港永住権を持たない場合、2013年から公立病院では妊婦を受け入れないとの方針を明らかにしていた。

 周局長は「衛生局は今後、すべての私立病院の医師、特に産婦人科の医師当てに通達を出し、夫婦共に香港の永住権を持たない中国大陸部の妊婦から出産申請があった場合、2013年より入院の予約ができなくなったことや出産に関する予約確認書も発行しないことをはっきり伝えるよう指示する」と語った。

 さらに「公立病院でも来年より、夫婦共に香港の永住権を持っていない妊婦の受け入れを停止し、増加する中国大陸部からの越境出産問題解決に向け全力を挙げる」と指摘。「私立病院は24日に、来年から夫婦婦共に香港の永住権を持っていない妊婦の受け入れを停止することに同意した」と明らかにした。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年4月26日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古