2012年4月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:18 Apr 28 2012

女子大生が蘇州のお菓子を擬人化 ネットで人気

「鮮肉湯団」はベビー服に包まれた赤ちゃん。きらきらした目がかわいらしい。

 中国のSNS「人人網」で最近、蘇州のお菓子や軽食を擬人化した絵が人気を集めている。この絵を描いたのは、蘇州出身の諸婉ゲツさんだ。北京日報が報じた。

 現在、重慶市の四川美術学院に通っている諸さんは、遠く離れた故郷のお菓子や軽食を食べる機会がほとんどない。少し前に「青団子(中国風草もち)」を食べたくなったが、買うことができないため、絵を描いて気を紛らわせようと青団子を擬人化した絵を描いた。できた作品をルームメイトに見せたところ、これが好評を博したため、蘇州のお菓子や軽食をテーマにした一連の作品を創作したという。

 諸さんは「最近は勉強が忙しいのですが、メーデー休暇の前後に時間ができたら、蘇州湯麺、梅花◆、海棠◆などの新作を予定しています」と語る。

 5歳から絵を学び始めたという諸さんは、アニメキャラ風の絵を最も得意としている。このため、蘇州のお菓子シリーズもアニメキャラのような姿に描かれている。(編集SN)

 *◆は米へんに羔

 「人民網日本語版」2012年4月28日

[1] [2] [3] [4]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古