2012年4月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:24 Apr 30 2012

1人12役を演じる外国人がネットで人気沸騰

 ネットからまた1人、人気者が誕生した。「Mike隋」と名乗る外国人が中国版ツイッター「微博(ミニブログ)」で面白い動画を発表。英語、フランス語、日本語、ロシア語、中国語など様々な言語を操って1人12役を演じたこの動画は、一晩で10万回近く転載された。華西都市報の電話取材にMike隋さんは、自分は俳優であることを明かした。国際在線が報じた。

 ■1人で12役を演じる

 Mike隋さんはミニブログにアップロードした動画で、1人で様々な国・地域出身の12人の物まねを演じた。まず北京語を披露して一同を驚かせた後に、黒縁眼鏡にスーツ姿で香港人を演じ、さらに甘い台湾訛りを操ってみせた。さらにアメリカ英語、フランス語、日本語でパフォーマンスをし、たった9分間の動画に中国で人気の話題も盛り込んだ。ネットユーザーは感嘆し、中国で人気の米国人俳優ジム・パーソンズよりも面白いと評した。「ミニブログの女王」と呼ばれる女優の姚晨でさえ、たまらず転載したほどだ。

 ■1980年代生まれで北京在住

 Mike隋さんは父が北京出身で、母がシカゴ出身。1980年代生まれで、中国語名は隋凱。孫紅雷、林志玲主演の『決戦刹馬鎮』で悪役を演じたことがある。

 現在は俳優をしており、事務所に所属してマネージャーもいるが、まだ余り個人情報は明かせないという。1人12役を演じられるのは、普段から友人達と切磋琢磨しているおかげだと言う。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年4月30日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古