2012年5月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:41 May 03 2012

農村の小病院に赴任した日本人医師 無錫

 江蘇省無錫市錫山区にある錫北人民医院でリハビリの治療を受けている患者が、大学を卒業したばかりの様子で、いつも笑顔を絶やさない青年医師が治療チームにいることに、最近気がついた。患者を診察する時には常に辞書を携帯しているこの青年医師は、日本から無錫に来たばかりのボランティア医師・内野敬さんだ。江蘇省の日刊紙・現代快報が報じた。

 1985年生まれの内野さんは、今年27歳だが、実年齢より若く見える。中国語を日本で2カ月間学び、中国に来てから北京で3週間のトレーニングを受けた。なまりがなく、ゆっくりとした簡単な中国語なら、ほぼ理解できる。漢字による筆談で同僚と意思疎通を図ることもある。

 内野医師は、実家のある福島県の病院で3年あまり、リハビリ担当医として勤務した経験がある。中国でリハビリ専門のボランティア医師を募集していることを知り、自ら志願した。両親や家族は賛成した。恋人だけはやや不安を感じたようだが、遠く離れても2人の関係に問題が生じることなどあり得ないと彼は思った。「中国に来る前には、文化、生活、交流など各方面での両国の習慣の違いから、中国で暮らすことに慣れることができるだろうかとやや心配しました。蓋をあけてみると、中国に来てから、想像していたより何事もスムーズに事が運んでいます。錫北人民医院リハビリ科治療チームの平均年齢は25歳と若く、最年長が28歳、最年少が23歳です。全員が若者で、共通の話題も多く、内野医師は数日も経たないうちにすっかり溶け込めました」「リハビリ科の同僚医師は親切で心温かい人ばかりです。私達は、リハビリ技術について相互交流しています」と話した。また、内野医師は地元の料理が大のお気に入りで、特に、無錫排骨(硝石漬け豚肉の煮込み)、ワンタン、小籠包、太湖三白(淡水魚料理3種)が好物で、「やや甘めだけど、どれも大変美味です」と評した。毎日食べている病院の院内食堂の食事でされも、彼は美味しいと褒め称えている。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古