2012年5月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:10 May 04 2012

中国なら月給4万円以下で「良い暮らし」

 中国紙「環球時報」はこのほど、「中国では月収475ドルあればまあまあ良い暮らしができる」とする1日付米紙「マイアミヘラルド」電子版の記事を掲載した。

 記事の要旨は次の通り。

 欧米の基準から見ると、中国の平均給与レベルはかなり低い。社会人になったばかりの大学新卒生や工場の新米労働者の月給はわずか475ドル(3千元=約3万9千円)だが、生活に困るといった事態に陥ることはまずない。

 青島の民間企業に勤める孔雅ブン(雨冠に文)さん(25歳女性)は、「新しい洋服や靴を買う事が大好きで、1カ月に300元(約3900円)から500元(約6500円)を洋服代に使います。先月、年会費900元(約1万1700円)のスポーツジムに入会しました。週末は、映画や友達とのショッピングを楽しんでいます」と話した。初任給が475ドルの人々が「節約の毎日」に明け暮れているというのは、多くの米国人の想像に過ぎないのだ。

 稼ぎは少ないけれども、数億の中国人が、(ぜいたくとまではいかないが)かなり「良い」生活を送っていることは、数々の事実が証明している。上海浦東区に住む謝浩然さん・王永怡さん夫妻の生活費はとても安い。月給は、謝さんが約600ドル(約3800元=約4万9千円)、妻の王さんは875ドル(約5500元=約7万円)、家賃は254ドル(約1600元=約2万円)という。謝さんによると、2人とも職場で食事をするため、食費が非常に安上がりという。外食費は2人で月80ドル(約500元=約6500円)、1カ月の交通費は1人約100ドル(約630元=約8千円)。

 孔さんは、多くの中国の若者と同じく、自分に与えられているものを大切にしており、将来に対して明るい見通しを持っている。「今日の中国で生活することができて、とても幸せです。多くのチャンスに恵まれ、生活もますます多様化しているからです」と孔さんは話す。さらに、「これからは収入もますます増えると信じています。自分にはお金を稼ぐ能力があり、今後、より良い仕事に就く自信があります。将来に対してとても楽観的に感じています」と続けた。(筆者:Mark Melnick) (編集KM)

 「人民網日本語版」2012年5月4日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古