2012年5月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:50 May 08 2012

中国語の「達人」、ネットで人気爆発 (3)

 ▽カルチャーギャップが自分の中で程良くミックス

 Mike隋の動画には、中国人の英語学習と外国人の中国語学習の特色が良く現れている。両者の相違点とは何か?特に、中国人の英語学習法について、彼は独自の観点を持っている。

 Mike隋は、外国人が中国語を学ぶのに比べ、中国人が英語を学ぶ方がやや難しいとの見方を示す。というもの、英語は音節が多く、胸腔に響かせる音が多いからだ。一方、中国語には口腔内で響かせる音が多いため、中国語の発音に慣れた人間が英語を発音する時、正確な発音がやり辛い。また、英語には口周りの筋肉を使って出す音が多く、英語を母語とする人がその他の言語を発音する際には、比較的スムーズに発音できる。

 言語の性質上の違いのほか、米中両国にはカルチャーギャプも多く存在するとMike隋は指摘する。中国文化の最も大きな特徴のひとつは、「含みがある」ことだ。これに対し、米国の文化は、開放的で、感化力が高く、浸透力が強い。「『含みがある』というのは悪い言い方をすれば、遠まわしで回りくどい。しかし実際には、この含みのある言葉が、相手の面子を保ったり、自分の器を大きくみせたりすることが多々ある。一方の米国文化は伝達力が強い。強い伝達力は、押し付けがましくなるきらいがある」と彼は指摘した。

 違いは多々あれ、9分間の動画を見て、彼が持っている米国式の自由奔放さと中国式の控えめさという2種の異なる文化が見事に融合していると誰もが感じた。「僕は、中国と米国の文化の違いを自ら表現したとは全く思っていません。なぜなら、これら2種類の文化は、僕の身体の中ですでに一つに融け合っているからです」と彼は語った。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年5月8日

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古