2012年5月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:46 May 10 2012

日本の下着メーカー「クールブラ」発表 夏の電力不足に対応

 電力不足が心配される夏の到来を間近に控え、日本の下着メーカーが新たな「クール」マーケティング戦略を打ち出した。AFP通信が9日に報じたところでは、女性向け下着メーカー「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」が、女性がひんやりした爽やかな夏を過ごることができる保冷ジェル内蔵のブラジャーを発表した。環球時報が10日付で伝えた。

 9日に開催された新作発表会に、美しくセクシーなモデルが「スーパーCoolブラ」を着用して登場した。保冷ジェルが内蔵されたこのブラジャーは、カップが金魚鉢のような形をしており、カップに入っているジェルは冷やしても凍らず、ヒンヤリ感があって着け心地が良いという。左右のカップの谷間には、ミントの葉っぱや風鈴があしらわれており、爽やかな香りや可愛い音のイメージが漂う。トリンプによると、この「スーパーCoolブラ」は、これから迎える猛暑の夏に備え、電力不足に対応しエネルギ?を節約するために製作されたという。しかし、このブラジャーが実際に製品化されて市場に出回るかどうかは、今のところ明らかではない。

 福島第一原発放射能漏れ事故の後、日本は全ての原発を停止した。こうした状況のもと、多くのメーカーが「節電の夏」をにらんだ「クールビズ商戦」に力を入れている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年5月10日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古