2012年5月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:52 May 11 2012

北京 携帯でA級観光地に入場するシステム開発へ

 北京市観光委員会は10日、「北京スマート観光行動計画の概要」(2012‐2015)」を発表。今後4年をめどに、携帯電話にダウンロードした2次元コードをかざすだけで観光地に入場できる「スマート観光システム」を構築する計画を明らかにした。中国のタブロイド紙「新京報」が報じた。
 
▽身分証明書で入場券購入可能に

 同委員会は今後4年をめどに、スマート観光地のほか、スマートレストランやスマート観光社、スマート観光農村などを構築する計画。スマート観光地構築後、旅客は携帯や身分証明証で、観光地に入ることができるようになる。
 
 同委員会の関連の責任者によると、「『スマート観光地』構築のために、まず入場券販売に関するシステムの改良から着手。現在、北京のいくつかのA級の観光地(A級‐5A級までで5A級が最高)で『電子入場券』の導入を試験的に開始している」。

 電子入場券にはいくつかの形式があり、うち旅客が携帯でダウンロードした2次元コードで入場するというのが最も一般的だ。同責任者によると、旅客は必要に応じて、電子入場券の番号や情報を通して、実際の入場券と交換することもできる。

 また、同委員会は現在、身分証明証で旅客が観光地に入場するシステムの開発に取り組んでいる。このシステムもA級の観光地から着手し、その後ほかの観光地段階的に導入が進められる計画。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古