2012年5月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:25 May 14 2012

抗日暴動事件描く台湾映画「セデック・バレ」が中国で封切り

6日午後、北京で開催された公開セレモニーで台湾原住民の役者らと写る魏監督。

 台湾原住民による最大規模の抗日暴動事件・「霧社(むしゃ)事件」(1930年)を描いた台湾映画「セデック・バレ(原題・賽徳克巴莱)」(魏徳聖《ウェイ・ダーション》監督)が10日、中国大陸部でも封切された。北京市内の映画館で同映画を観賞した李凱さんは取材に対して、「不屈の精神にあふれ、台湾映画に対する見方が180度変わった」と絶賛。「台湾映画というと、以前はあっさりしたものが多かったが、この作品は全ての点で新鮮。台湾原住民の雄姿あふれる姿が見れた」と語った。中国国営の通信社「中国新聞社」(電子版)が報じた。

 台湾原住民の1つである「セデック族」のセデックとは「本当の人」という意味がある。 日本統治時代(1895‐1945年)、セデック族は自分たちの文化や信仰を捨てるよう迫られた。例えば、男性は強制労働に服させられ、セデック族では男性の仕事とされた狩りをすることは許されなかった。一方、女性も労働が強いられ、セデック族で女性の仕事とされていた、伝統的な機織りをすることは許されなかった。台中州能高郡霧社(現在の南投県仁愛郷)で起こった「霧社事件」の主役である霧社セデック族マヘボ社の頭目モーナ・ルダオは民族の尊厳を守るためには反撃に立ち上がることが必要で、そのようにしてこそ「本当のセデック人」と考えた。そして、6つの社(村)の壮丁300人ほどを引き連れて、先祖の訓示に従って自分たちの狩猟の地を奪回するために行動を起こすことを決めた。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:1

   

最新コメント
gangqi   2012-05-13106.172.173.*
日本でも見られるといいですが。
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古