2012年5月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:29 May 14 2012

100秒に1人の速さで子ども減少 千年後に消滅? 日本

 日本の研究者は11日、「もしこのまま出生率が低下し続けた場合、千年後には日本人に子どもが一人もいなくなると推定される」と警告した。

 日本政府がこのほど発表した統計データによると、今年4月1日の時点で、日本の15歳以下の人口は1655万人、1年間で28万人減少した。

 日本東北大学の研究者が創作した「子ども人口時計」がこのほど、インターネットで発表された。この時計は、日本の子どもが最後の1人になるまで、あとどれくらいの時間が残っているかを示すものだ。研究者グループは、日本の子どもは、100秒に1人のスピードで減少していることを明らかにした。

 東北大学経済学研究科の吉田浩教授は、「このペースで子供が減少すれば、3011年5月5日には日本の子どもは唯一人になり、かろうじて子供の日を祝うことができる。しかし、その100秒後には、日本に子供が一人もいなくなる。日本の人口は消滅に向かっている。この現象は、1975年に出生率が2人を割り込んで以来のすう勢となっている」と指摘した。

 日本の人口は、現在約1億2800万人。今年1月に政府が発表した統計データによると、日本の総人口は2060年に8674万人と、約30%減少する見込み。

 出産率の低下と同時に、日本の高齢化もかなり深刻化している。2010年の女性の平均寿命は86.39歳、2060年には90.93歳に上昇する見込み。男性の平均寿命は2010年の79.64歳から2060年には84.19歳に達すると予想される。

 日本政府が4月に発表した調査報告によると、65歳以上の高齢者の総人口に占める割合は23.3%と、過去最高を記録した。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年5月14日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古