2012年5月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:18 May 15 2012

「三非」外国人の一斉取り締まり開始 北京

 北京市公安局は14日、市内における外国人に関連した社会・治安秩序維持を目的として、5月15日から8月末まで、「三非(不法入国、不法滞在、不法就労)」外国人を対象とした「100日特別一斉取締り活動」を展開すると発表した。市公安局は同期間中、北京で不法入国、不法滞在、不法就労をはたらく「三非」外国人に対する取り締まりを徹底的に強化する構え。人民日報が伝えた。

 首都・北京で居住・就労する外国人は、経済社会の発展に伴い、増加の一途をたどってきた。統計データによると、北京に居留している外国人は一日20万人近く、居住範囲は市内の全行政区・県の随所に及んでいる。警察によると、外国人が中国社会に浸透するにつれ、違法行為をはたらく一部の外国人もその中に混じるようになり、犯罪行為を行うすきを狙っている。統計によると、外国人による違法行為の中でも、「三非」が特に目立つ。「三非」外国人の多くは、生活の糧を得るあてがなく、住所も定まらず、きちんとした職に就かず、なかには犯罪目的で中国に入国するという悪質なケースもある。>>【英国籍男性が街中で中国人女性に猥褻行為で拘留される】

 北京市公安局は、これらの状況に対応するため、コミュニティでの重点チェック、重点対象エリアでの定期チェック、ビザ資格審査の厳格化などの措置を講じ、「三非」をはじめとする外国人の違法犯罪行為に対する取締を大々的に強化する方針だ。市公安局は、100日特別一斉取締り活動中、「三非」外国人に関する情報提供を市民に呼びかけている。通報ホットラインの電話番号は、010-64038685。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年5月15日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古