2012年5月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:48 May 18 2012

中国は外国人を甘やかしている?法に基づき平等に解決を (2)

 これは一言で解決できるような簡単な問題ではないかもしれないが、一番重要なのは、法律に基づき各種問題の解決を図ることだろう。現代社会において、人と人が法律の枠組みの下で、問題を解決し、良い関係を保つというのが、国際的な習わしだろう。外国人でも中国人でも、法の下では平等な行動主体および責任主体である。たとえ中国人であっても外国人であっても、さらには労働者や農民であっても、芸術家であっても、法律上のレッドラインを越えてしまったなら、見過ごすことは決してできない。はっきり言うと、甘やかすような態度が質(たち)の悪い外国人の出現につながっている。何か問題が起こっても、管理者がいつも「放っとけ」の一言で済ませ、一般市民は泣き寝入りする、こんな一部の人だけが優越感に浸れるような状況を野放しにしておいていいのだろうか?

 無論、中国にやって来る外国人を、過去と同じような侵略者と見なすような極端な見方は間違っている。また、法を守らない外国人が一部いるからといって、極端な民族主義的な態度を取り、1900年に米国や日本などを含む八国連合軍が北京を攻略したことを持ち出すような姿勢も決して褒められるべきものではない。実際に、中国で暮らす外国人の中にも、いい人はたくさんいる。他の人を助けることに思いを注いだり、勇敢に悪と戦ったりして、思いやりある心を示している外国人についてもよく耳にする。

 人と人が真にうまくやっていく基礎となるのは、お互いに尊重し合うことだ。中国には儒教の代表的な経典・論語の「世界人類みな兄弟」という言葉や「友だちが遠路もいとわず訪ねて来てくれる。こんなにうれしいことはない」という孔子の言葉が広く親しまれている。偏りのある尊重は本当の尊重ではなく、互いに尊重しあってこそ迎える側も快く客を迎えることができる。 (編集KN)

 「人民網日本語版」2012年5月18日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古