2012年5月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:18 May 22 2012

文革時代の希少切手 史上最高額の730万元で落札

 21日に行われた中国嘉徳の2012年春季オークションにおいて、「無産階級文化大革命的全面勝利万歳!」の文字の入った未発行切手(新品)が出品された。20回余りにわたる激しい競り合いの末、730万2500元(約9160万円)で落札され、1枚の切手としては史上最高額を打ち立てた。新華網が報じた。

 オークション会社の中国嘉徳によると、中国郵電部は1968年9月、「無産階級文化大革命の全面勝利」を記念すべく、一連の記念切手発行を決定した。これにより、新中国の切手市場において極めて知名度の高い3種類の希少切手「全面勝利」、「大一片紅」、「小一片紅」が誕生した。これら文革シリーズの切手は現存枚数が極めて少ない。ちなみに今回オークションに出品されたのは「大一片紅」だった。

 中国嘉徳切手・貨幣部の郭学広総経理によると、「今回出品された『大一片紅』切手は、中国で最も有名な希少切手の1つ。世界的にも貴重で、わずか8枚しか現存しておらず、うち未発行の新品が5枚、中古が3枚。出品されたものは新品で、色が鮮やかで保存状態も完璧。現存する8枚のうち最高の1枚であり、極めて貴重である」とした。

 この切手のオークションは開始価格420万元(約5270万円)でスタートした。これまでに1枚の切手で最高価格をつけたのは清代の切手「小壱円」で、2010年に552万香港ドルで落札されている。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年5月22日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古