2012年5月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:15 May 23 2012

大学生の就職プレッシャー、過去4年間で最低に

 北京青年圧力管理サービスセンターは21日、2012年度中国大学生就職プレッシャー調査報告を発表した。同報告よると、大学生の就職プレッシャーは今年、過去4年間で最低となった。また、本科生・修士生・博士生の希望月給は、物価高騰の影響を受けた昨年と比べ、いずれも1千元以上下がっている。新京報が報じた。

 ▽就職先:政府機関・国有企業にこだわらない

 同センターの熊漢忠主任は、「今年は大学生の就職プレッシャーが2009年以来最も小さい1年となった」と語る。

 ここ4年の調査データを見ると、大学生の就職プレッシャーが最大だったのは2009年で、翌2010年にわずかに下がり、2011年には再び上昇している。

 「これまでは贅沢を言う余裕もなかったが、今年は選択の余地がある」。このほど行われた民間企業の就職説明会において、多くの大学生が今年の就職情勢について「まあまあ良い」と答えた。

 このほか、「90後(1990年代生まれ)」の卒業生の就職観念が従来と違ってきており、政府機関・国有企業のほか、民間企業で働きたいという人が増えている。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古