2012年5月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:09 May 23 2012

日本企業、能力の高い中国人留学生に注目

 日本厚生労働省は2002年、「外国人雇用問題研究会報告書」の中で、「日本経済が活力を取り戻すためには、海外の優秀人材の招聘を強化し、原動力とするべきだ」と指摘した。2012年を迎えた現在、この問題は深刻さを増している。日本新華僑報網が伝えた。

 国際的な競争が激化する昨今、海外の優秀人材は各国の企業にとって、垂涎の的となっている。特に中国の人材は、優れた成績と忍耐強さにより、これらの企業の間で人気が高い。しかし日本企業は人材招聘で遅れを取っている。日本には10数万人の中国人留学生がいるが、日本での彼らの就職状況を見ていこう。

 本紙は各学校・企業を取材し、中国人留学生を通じて「量と質」の角度から日本企業の招聘の現状を分析した。日本の各企業・メディアは、中国人留学生の総合的素養が、多くの面で日本人学生を上回っていることを認めている。しかし中国人留学生にも、改善すべき問題が残されている。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古