2012年5月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:37 May 30 2012

唐山地震で北京、天津でも揺れ 日本の震災に関係か

 被害報告は入っていない。公式には、今回の揺れは1976年の唐山大地震の余震で、短期的に唐山地区で大きな震災は起こらないだろうとの見解が出ている。

 28日午前、唐山地区で震度4.8の地震が発生した。現在のところ、負傷者、被害などの報告は入っていない。唐山大地震からすでに36年が経っているが、中国地震台ネットワークセンターは、今回の地震は唐山大地震の余震であり、短期的に唐山地区に大きな震災はないだろうとの見解を発表した。

 唐山では戸建住宅にひび

 28日10時22分、河北省唐山市の直轄市部とラン県の境界付近(北緯39.7度、東経118.5度)で震度4.8の地震が発生した。震源の深度は8キロメートル、今回の地震の震源地が北京からほんの180キロ地点だったことから、北京、天津、秦皇島などでも揺れが感じられた。

 唐山地震局によれば、一次調査では人的、物的な被害は確認されていない。唐山市古治区では戸建住宅にひびが入る、照明器具が落ちるなどの現象が見られた。?県では2軒の住宅でひびが確認され、唐山市部から15キロ離れた唐山陡河ダムでも揺れを感じたが、被害はなかった。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古