第4回AKB48総選挙 大島優子が首位奪還

トップに輝いた大島優子トップに輝いた大島優子上位16人の集合写真(うち1人は、未成年者の深夜労働が法律で禁止されているため、午後9時前に会場を離れた)
 

 人気アイドルグループAKB48の27枚目のシングルを歌うメンバーを決めるファン投票「第4回AKB48総選挙」が6日夜、日本武道館で行われ、上位 64人の名前と順位が発表された。大島優子が10万8837票を獲得し、首位に返り咲いた。続く第2位は渡辺麻友(7万2574票)、第3位は柏木由紀(7万1076票)。過去3回の総選挙で大島の最大のライバルだった前田敦子が今回自ら辞退したため、大島の首位奪還は大方の予想通りだった。

 今回の総選挙の最終投票総数は138万4122票と、前回(第3回)の116万6145票を大きく上回った。このうち、上位64人の得票総数は127万105000票だった。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年6月7日