2012年6月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:52 Jun 07 2012

日本の国家イメージが世界一であるワケ

 米ニュース雑誌「タイム」はこのほど、世界を対象とした世論調査の結果を発表。世界で最も敬意を受けている国は「カナダと日本」としている。日本の華字紙「日本新華僑報」が6日付で報じた。

 米国のある研究センターが2005年に発表した、世界各国の「態度」に関する調査報告でも、日本の国家イメージは長年トップをキープしている。

 その要因として、日本の経済や科学技術の発展が考えられる。日本製の商品は近年問題が取り立たされることあったものの、全体的には良い評判を得ている。世界各地に向けて輸出している自動車はすべてオリジナルブランドであり、これがイメージ構築につながっている。さらに、日本は清廉潔白な官僚が多く、政治の透明性が保たれており、この点でも世界でトップクラス。日本の不動産は一般正社員の収入でも買えるほどの値段だが、菅直人前首相でさえマイホームを持っていない。

 国家イメージの善し悪しは国民の言動にかかっていると言えるだろう。もちろん日本でも犯罪はあるものの、全体的には良い状態が保たれている。そのため、多くの外国人が、日本人は街中で大声で話したりしないなどマナーを守り、礼儀正しく、お金を借りれば必ず返すなど信頼を大切にすると見ている。世界各国の人々はこのような状態の日本をしっかりと目に焼き付けているのだ。

 この調査結果はちょうど良い時に出された。中国は思いあがってうぬぼれたり、逆に極端に自分を過小評価したりしてはならない。さまざまな角度から自分や日本を見つめ直し、自分のなすべきことをすることが一番重要である。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年6月7日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古