2012年6月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:57 Jun 08 2012

「一休さん」が実写化 中国でも期待高まる

 日本のアニメ「一休さん」の実写版ドラマが今月末、日本で放送される。中国でも「聡明的一休」として人気を集めた「一休さん」。80後(1980年代生まれ)は「一休さん」を見ながら育った世代であり、ほとんどの人が主題歌を口ずさむことができる。まさに当時の中国で一世を風靡した作品だ。遼瀋晩報が報じた。

 「一休さん」の実写版が放送されると聞いて、多くの80後が期待を寄せている。あるネットユーザーは「実写版のキャストはとってもかわいい。アニメの放送を待ちわびたあの頃に戻ったような気分」とした。一方で、リメイクに対して中立的な立場をとり、「名作を壊さないよう、まじめに作って欲しい」とコメントを寄せる人もいた。

 ▽漫画の実写化が増える日本

 日本の漫画・アニメは、子供時代に沢山の楽しみを与えてくれた。ここ数年、「金田一少年の事件簿」、「美少女戦士セーラームーン」、「GTO」、「デスノート」、「名探偵コナン」など、多くの人気漫画が実写化され、リメイク後も高い人気を得ている。

 テレビドラマの多元化が求められる中、漫画が原作の作品はストーリーが分かりやすく、知名度が高いため安定した視聴率が期待できる。まさに一挙両得なのだ。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年6月8日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古