2012年6月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:24 Jun 11 2012

人口学専門家「中国の人口、100年後には5億人」

 河南商報によると、中国人口学専門家の易富賢(イー・フーシエン)氏はこのほど、中国では一人っ子を亡くして親だけが残された家庭の増加、少子高齢化の加速により、「100年後には人口5億人に減少する」と予測した。レコードチャイナが伝えた。

 同氏の試算によると、1975-2010年に生まれた一人っ子は約2億1800万人。年を追うごとに一人っ子家庭の数は増加している。一方、00年の人口調査によると、出生1万人のうち360人が10歳になる前に死亡。25歳になる前に463人、44歳になる前に760人が死亡し、一人っ子2億1800万人の母親のうち、約1000万人が51歳になった時には子供を亡くしている計算になるという。

 さらに、同氏によると、中国でも女性の晩婚化が進み、少子化が一層加速。現在1.7の出生率が今後ますます低下し、人口は10年以内に減少に転じるとみられる。国連の予測では、2100年の中国の人口は現在の半分以下の5億人まで減る見通しという。

 「新華網日本語」より2012年6月11日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古