2012年6月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:59 Jun 12 2012

広州、アニメ産業パークが21日開園 プレステ体験館も

 21日開催される広州市従化区のアニメ産業パーク開園セレモニーおよび国際企業誘致大会の記者会見が11日に開催された。開園と同時に、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)から権利を受けた中国初のプレイステーション体験館も一般開放されることが分かった。同パークは、国産アニメ発展のために、中国が政府をあげて建設する広東動漫城(アニメーションシティー)の一部。中国紙「広州日報」が報じた。

 同パークの劉偉洪総経理によると、同パークに入園登録をした企業およびプロジェクト提携企業は80社以上あり、各パートにアニメに関する骨幹をなす企業を招へい。初期のアニメ産業の生態チェーンを構築した。また2013年までに、アニメ産業サービスシステムを形成する約16.7ヘクタールのエリアの建設も完成する見通し。一方、今後3-5年をめどに、誘致するアニメ関係の企業を500社にまで増加させ、同パークで働くスタッフを1万人にしたい考え。

 同パークでは21日より2日間、開園セレモニーが開催され、ロシアや南アフリカ、ブラジル、ドイツ、日本など10数カ国の企業や有名アニメ作家が持ち寄ったアニメや漫画の作品、プロジェクトなどが登場する予定。

 同セレモニーで、広州の市民やゲスト企業など来場者は世界中のアニメ企業の代表が参加する「世界企業誘致・提携大会」に出席することもできる。

 注目のプレイステーション体験館も開園当日に一般開放され、広州の市民は今後、地元で同ゲーム機の最新ソフトを体験できるようになる。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年6月12日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古