2012年6月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:06 Jun 13 2012

世界生活費調査、中国の各都市が入選

【中日対訳】

 世界最大の人事マネジメント・コンサルティング会社のマーサーは12日、最新の「世界生活費調査」を発表した。中国のトップは香港の9位で、上海は16位、北京は3ランク上昇の17位につけた。京華時報が伝えた。

 同調査によると、外国人駐在員の生活費が最も高い都市は東京で、アンゴラの首都ルアンダが2位となった。最も生活費のかからない都市はパキスタンの港湾都市カラチで、東京の3分の1以下となった。

 マーサーの同調査は、世界で最も全面的な生活費調査であり、グローバル企業および政府機関が海外駐在員に対して手当を支給する際の参考となる。同調査は世界五大州の214都市をカバーし、200以上の項目の費用(交通、食事、衣料、家庭用品、娯楽)を比較した。海外駐在員にとって最大の支出である住宅費も含まれ、各都市のランキングを決定する上で重要な要素となった。

 中国大陸のうち、上海は5ランク上昇、北京は3ランク上昇した。中国大陸部の都市としては、その他に深センと広州が入選し、2011年の順位からそれぞれ13ランク、7ランク上昇した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年6月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古