2012年6月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:18 Jun 19 2012

「成功」に焦る中国の若者、 ストレスから30代で退職を口に

 中国の大学卒業生が就職活動真っただ中の6月、中国の経済誌「数字商業時代」は、IT業界で35歳になっても成功できていなければ、「タイムアウト」とする記事を掲載し、IT業界全体に物議を醸しだした。今、IT業界に入りたいと考える若者は多いが、同業界に現在携わっている人は自分の現状についてどんな見方をしているのだろう。彼らにとってどんなことが不安の種なのだろう。中国中央人民ラジオ局「中国の声」の番組「新聞晩高峰」が報じた。

 ここ10年ほど、中国では、百度やテセント(騰訊)、アリババ(阿里巴巴)などインターネット企業の台頭が顕著で、大産業の一つとなっている。そして、社会経験のほとんどない若者でも同業界で成功を収めることができるという現象も起きている。実際に、胡潤(フージワーフ)研究院が5月24日に発表した若手の資産家ランキング「2012年胡潤少壮派富豪榜」でも、IT業界からのランキング入りが最も多かった。そのため、IT業界なら簡単にお金儲けができると考える人も多い。この点、大手不動産開発企業・華遠集団の任志強総裁は3月、IT企業のトップらが集うサミットで、「中国ではIT業界に携わっている人がいとも簡単に成功できるため、マイホームを買う人の平均年齢が20歳代にまで下がっている。この数字は、英国や日本、米国などよりもはるかに低い」と指摘した。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:1

   

最新コメント
gangqi   2012-06-15106.172.173.*
日本のIT業界のうつ病罹患者率は、普通の企業の3倍だそうです。不況下でも、求人が多く、給与も高いのですが、仕事がきついようです。
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古