2012年6月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:48 Jun 19 2012

海峡両岸を直接結ぶ初の光海底ケーブル工事着工

 福建省委員会の孫春蘭書記は17日、第4回海峡フォーラム大会で、廈門(アモイ)-金門海光海底ケーブルプロジェクトが18日に着工すると発表した。これは、台湾海峡両岸を直接結ぶ初めての通信光海底ケーブルで、両岸の通信システム構築において画期的な意味を持つ。アモイ市関連部門によると、全長11キロメートルに及ぶアモイ-金門光海底ケーブルプロジェクトの海洋部分敷設工事は、18日にアモイ市の観音山海岸で着工し、翌19日には金門島の慈湖に到達する見通しで、1カ月後に運用試行が実施される予定という。

 同プロジェクトが完成すると、台湾から大陸部へ電話を掛けた場合、光海底ケーブルを通してアモイの電信ネットワークに入り、その電信プラットフォームから大陸部の各省・市に繋がる。同じように、大陸部の各省・市から電話を掛けると、全て一旦アモイに集まり、光海底ケーブルによって台湾金門島に送られ、台湾本島に繋がる。海峡両岸の電話やインターネットは、国際電話交換を介さずに直接繋がることになり、通信速度・品質はともに飛躍的に向上、通信コストもぐんと下がる見通し。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年6月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古