2012年7月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:45 Jul 02 2012

2012中日共同世論調査(2)中国人の対日好感度が上昇

 2005年から毎年、中日両国で同時に実施される「中日共同世論調査」(2012年度版)の中国側の調査結果がこのほど発表された。一般市民か学生・教師かにかかわらず、中国人の日本に対する好感度は安定して上昇していることが明らかになった。中国の総合ニュースサイト「中国日報網」が報じた。

 中国の一般市民の日本に対する好感度は、調査が始まった05年の11.6%から、06年14.5%、07年24.4%、08年27.3%、09年32.6%、10年38.3%と5年連続で上昇。11年に一旦28.6%に下降したものの、今年は31.8%にまで回復。全体的に見れば、日本に対する好感度は上昇を続けている。一方、学生・教師の日本に対する好感度も05年5.3%、06年7.8%、07年35.3%、08年43.3%、09年45.2%、10年45.2%、11年43.1%、12年49.5%と、ここ6年で急上昇を見せている。

 一方、河村たかし名古屋市長が今年2月、南京市代表団と会談した際に「南京事件はなかったのではないか」と発言したことが、中国で大きな反感を買ったものの、中国人の日本に対するマイナスイメージは11年と大きな差はなく、64.5%と比較的安定している。このことからも、中国人の日本に対する認識はますます理性的になっていることが分かる。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年6月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古