2012年6月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:46 Jun 27 2012

香港と広東、鳥インフル感染に対応措置

 中国広東省から診察に来た2歳の男児が鳥インフルエンザウイルス(H5型)に感染していることが確認されたのを受けて、香港特別行政区政府食物・衛生局の周一岳局長は2日、「すでに対応措置を取っている。現在のところ感染の拡大は報告されていない」と発表した。

 それによると、香港の公立病院では、患者の面会を制限し、感染の疑いがある人への観察を強めるなどして対策を取っている。また、生きた家禽類の輸入や販売に対する監視も強化しているということだ。

 同時に、広東省では、男児と密接に接触した可能性のある人を追跡調査し、その健康状態を観察している。広東省の衛生当局によりますと、2日午後5時半までに異常はないということだ。

 中国国際放送局日本語版より 2012年6月3日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古