2012年6月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:23 Jun 27 2012

「世界一醜い犬」コンテスト チャイニーズ・クレステッド・ドッグ優勝

 英国で飼われている中国原産ヘアレス犬のチャイニーズ・クレステッド・ドッグ「マグリー」が23日、米カリフォルニア州ペタルマで年に1回開催される「世界一醜い犬」コンテストで優勝、飼い主に賞金1千ドル(約7万9500円)が贈られた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 「世界一醜い犬」コンテストは、1976年から毎年、カリフォルニア州ペタルマのお祭り「ソノマ・マリン・フェア(Sonoma-Marin Fair)」の期間に開かれている。歴代のチャンピオンは、チャイニーズ・クレステッド・ドッグ(中国名:中国冠毛犬)が選ばれるケースが多い。この犬は、名前に「中国」が入っているが、その起源を詳述した資料はほぼ皆無という。

 今大会で優勝した「マグリー」は、現在8歳。体格は小さめで、短い鼻、突き出た眼、白いひげが特徴だ。出場した28頭のライバルを打ち破り、チャンピオンの座に輝いた。2005年に英国で開催された「醜い犬」コンテストでも優勝経験がある。

 コンテスト主催者によると、後天的に醜くなったのではなく、生まれつき醜いことが、審査の決め手になるという。

 マグリーの飼い主・ベブ・ニコルソンさんは、「審査員がマグリーの名前を読み上げた時、とっさに言葉が出てこなかった。頭の中がボーっとしてしまい、マグリーみたいにぶるぶる震えていた」と受賞した瞬間の様子を話した。

 チャンピオンへの賞品は、飼い主に賞金1千ドルのほか、ドッグフード1年分がマグリーに贈られる。

 昨年のチャンピオンは、カリフォルニアで飼われている、チワワとチャイニーズ・クレステッド・ドッグとの間に生まれた雑種だった。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年6月27日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古