2012年6月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:54 Jun 29 2012

沖縄市、中国人向け生活の手引きを刊行

 現在1千人以上の中国人が暮らす沖縄県は、中国人を含む外国人向けの生活ガイドブックを刊行した。子育てや医療、年金など相談の多い分野や役所内の問い合わせ先などを英語と中国語で分かりやすく説明している。ウェブサイト「日本新華僑報網」が伝えた。

 作成した沖縄市文化観光課では「外国から引っ越してきた人もほかの市民と同じように、行政サービスを受けることができるよう、多くの人に知ってもらいたい」と、周囲の在住外国人への情報提供や活用を呼び掛けている。

 「在住外国人向け生活ガイドブック」の中国語版は200部発行。「医療・年金・福祉」「子育て・教育」の2編があり、日本の医療保険・年金制度のほか、障がい者福祉サービス、妊娠・出産などの育児情報、予防接種、学校制度などが紹介されている。中国語の解説に加えて、日本語でも説明している。

 同ガイドブックは市の中国語通訳スタッフの張瓊恵さん(40)と市文化観光課の玉城千惠美さん(37)ら4人が昨年から作成。試行錯誤を重ね、市役所窓口に華人から寄せられる各種問い合わせにきめ細やかに対応した。

 沖縄市は引き続き年内に「防災・安全」「税金・仕事」「市内で暮らし始める」の3編を刊行する。玉城さんら4人は「市内に身よりもいない高齢者や子育て中の外国人は多く、窓口に訪れることもなく制度を知らずに困っている人もいると思う。周囲にいる在住外国人にも知らせてほしい」と呼び掛けている。(編集HT)

 「人民網日本語版」2012年6月29日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古