2012年7月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:07 Jul 02 2012

広州でナンバープレート制限 自動車市場に衝撃

 広州市政府は6月30日午後9時から記者会見を開き、7月1日午前0時より、全市の中・小型乗用車を対象とした登録台数制限の試行をスタートすると発表した。全市の中・小型乗用車の新規登録および名義変更は、7月末まで受け付けを中止するという。人民日報が伝えた。

 突然発表された「ナンバープレート規制措置」によって、広州の自動車市場全体に震撼が走った。また、市民の反応も極めて大きいものだった。

 広州市政治協商会議副主席・交通委員会主任を務める○(「にすい」に先)偉雄氏は、「1年の試行期間内で、全市の中・小型乗用車の新規登録枠を12万台以内に抑える。段階的に効率よく作業を進めるため、7月1日午前0時からの1カ月間、全市の中・小型乗用車の新規登録と名義変更手続きはストップする。8月以降は、月別の登録枠を設ける。各月の具体的な登録枠は、7月末までに発表する」と語った。

 ▽「規制措置」発表の夜、自動車販売店カウンターに長蛇の列

 突然の「ナンバープレート規制措置」発表で、自動車市場には衝撃の嵐が吹き荒れた。発表された6月30日の深夜、黄埔大通のトヨタ販売店の営業ロビーには、普段は点灯していない明かりがこうこうと灯されていた。広州競馬場自動車城のほぼ全ての自動車販売店では、割引特恵などの販促キャンペーンを慌てて中止した。車を買う予定の消費者は、登録制限の対象とはならない6月のうちになんとか購入手続きを済ませようと、クレジットカード払いカウンターに長蛇の列を作った。一方、販売担当者は、キャンペーンの中止を一刻も早くお客に伝えようと必死だった。一部の販売店では、購入手続きを少しでも簡単にしようと、購入車が決まった後、先にクレジット払いを済ませ、その後購入契約書を取り交わすよう段取りを変更した。しかし、この購入劇は日付が変わっても続き、日付が変わった午前0時以降に発行された領収書は、全て無効となった。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古