2012年7月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:27 Jul 11 2012

日本メディア 「空腹」で長寿遺伝子が活性化

 MSN Japanはこのほど、「空腹の状態が体によい」とする記事を掲載した。それによると、人体には長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)という生命力遺伝子が存在し、傷んだ遺伝子を修復し、老化を遅らせる働きを持つという。しかしこの遺伝子は空腹時にのみ働くため、この記事では空腹状態を保つ食事のコツとして、以下のようにまとめている。生命時報が報じた。

 (1)空腹の状態でしばらく我慢

 おなかがすいても、「サーチュイン遺伝子」を働かせるために30分は我慢するようにする。

 (2)空腹時にはコーヒーやお茶を飲まない

 カフェインは刺激が強いため、空腹時に摂取すると吐き気を招くことがある。麦茶など、カフェインの入っていない飲み物を選んだ方が良い。

 (3)腹6-8分目で抑える

 食べる量が減れば、空腹の時間も長くなり、「サーチュイン遺伝子」が働きやすくなる。腹8分目からスタートし、徐々に6分目ほどに抑えられるようにする。食器を一回り小さくすると食べる量を減らしやすい。

 (4)1食を「一汁一菜」にする

 おかずが多すぎても食べすぎになりやすい。例えば、朝食はご飯1杯と味噌汁のみ(一汁一菜)にするのも良い。

 (5)「完全栄養」を摂る

 栄養を摂取する上では、「量」よりも「質」が重要だ。例えば、魚を骨や皮ごと全て食べれば、体のニーズをバランスよく満たすことができる。野菜の皮や根などにも、豊富な栄養が含まれている。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年7月11日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古