2012年7月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 人民網日本語版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:33 Jul 18 2012

なでしこジャパン、悲願の金メダルへ長身のGK山根を登録

 2011年ドイツで開催されたFIFA女子ワールドカップで、アジア勢の代表チームとしては初優勝を成し遂げた「なでしこジャパン」のロンドン五輪での目標はズバリ、初の金メダル獲得。目標達成のために、なでしこジャパンは秘密兵器として身長187センチのゴールキーパー・山根恵里奈選手をサポートメンバーとして登録した。中国紙「新聞晨報」が報じた。

 山根選手の身長は、日本の男子代表サッカーチームのゴールキーパー川島永嗣選手よりも2センチ高い。昨年のワールドカップの時、なでしこジャパンの平均身長は163センチしかなかったものの、すばやいパスワークでほかのチームを圧倒し、悲願の優勝を果たした。

 山根選手は日本サッカー協会(JFA)が主催する将来のなでしこジャパンのゴールキーパー育成プロジェクト「スーパー少女プロジェクト」で発掘された期待の星。ただ、まだ21歳の山根選手にとって今回は、思いがけない五輪参加への選出となった。

 日本女子サッカーの過去の五輪での成績は4位が最高。しかし、昨年ワールドカップを制してからは、ロンドン五輪での金メダルが最大の目標となってきた。もし、この夢が実現すれば、なでしこジャパンは世界で初めて2年以内にワールドカップと五輪を連続して制したチームとなる。

 ロンドン五輪でなでしこジャパンは昨年のワールドカップ3位の強豪スウェーデンやカナダ、南アフリカと同じグループFで戦う。 (編集KN)

 「人民網日本語版」2012年7月16日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古