2012年7月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:49 Jul 22 2012

上海が中国で最初の高齢化都市に、2015年

 東方ネット20日付ニュースによると、上海市政府の記者会見で、「12・5」期間中に上海は人口高齢化発展の時期に入り、高齢者人口の人数は急増することが明らかになった。2015年までに、60歳以上の高齢者数は430万人を超え、戸籍人口の約30%を占める見込みだ。

 上海は中国初の高齢化都市で、高齢者人口の比率はずっと全国平均より8~10%高く、これまで中国高齢化程度の最も高い特大都市である。2011年までに、上海戸籍60歳以上の高齢者人口は347.76万で、総人口の24.5%を占め。80歳以上の高齢者人口は62.92万で、60歳以上高齢者人口の18.1%を占めるという。

 全体的にみると、上海の高齢化の特徴は早く、速く、高くて、高齢者人口数は物凄いうえに、少子化、高齢者一人暮らしの問題が深刻だという。

 東方ネット日本語版 2012年7月22日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古