2012年7月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:40 Jul 30 2012

中国全域で強風・豪雨・高潮に警戒

 中国国家洪水・干害防止総指揮部は29日、洪水防止協商会議を開催した。会議において、7月下旬から8月上旬という1年で最も洪水災害が発生しやすい時期に入り、全国的に雨が頻繁に降り、長江・黄河流域の各地で洪水が見られ、2個の台風が互いに影響を及ぼし合いながら中国に向かっているなどの現状が把握された。そして、これらの要因から、洪水防止情勢は非常に複雑化しており、洪水防止事業は困難を極め、洪水防止任務は一番の正念場に入ったとの見解で一致した。人民日報が伝えた。

 台風9号と10号が次々と発生し、互いに影響を及ぼし合いながら、ともに中国大陸を直撃すると予想されている。黄河では、今年1回目の増水ピークが潼関高程を超過、2回目のピークで増水が下流に向かい、呉堡や竜門など中流の一部流域では、最高水位が警戒ラインを越えた。長江上流では、雨が降り続いており、三峡ダムの洪水対策は依然として予断を許さない状態にある。三峡ダムの下流では、流量がかなり多い状態のままで、中流の一部流域や洞庭湖における洪水防止体制も厳しい状況が続いている。西部地域でも頻繁に雨が降り、大きな山津波災害が極めて発生しやすい状況だ。ダムや水力発電所が増水ピーク期を無事乗り切ることができるかどうかは、国全体にとって由々しき問題となっている。ダムの貯水量は多く、最高水位は高い。人口が密集している上流で、決壊の恐れのあるダムや泥でぬかるんだ堤防の隠れた危険性は大きく、いったん事故が起こったら、悲惨な結果となる可能性が高い。

 協商会議では、現在の洪水防止事業における最重要事項は、台風に備えた対策であることが強調された。台風9号「サオラー」と10号「ダムレイ」が次々と発生、勢力を増しながら、まっすぐ中国に接近している。東中国海と南中国海にも影響を及ぼし、北上して中国大陸部を縦断する。これらのアベック台風が中国に最も大きな影響を及ぼすと見られる時間帯は、ちょうど大潮を迎える時間と一致し、強風・豪雨・高潮という脅威の「三つ巴」が揃う可能性が高い。また、台風9号「サオラー」の雲・風・雨による影響圏が非常に大きく、影響が広い範囲に及び、非常に激しい大雨がもたらされる可能性がある。予想よりさらに北上して、影響の及ぶ範囲が一層拡大する恐れもある。アベック台風の相互作用により、今後、それぞれの進路が変わる可能性はかなり高い。さらには、前回の大雨によって、河川の水位が上昇し、ダムが増水警戒水位を越え、土壌の含水量が飽和状態にある地域にも、台風の影響が及ぶ見通しで、台風災害防止作業は極めて難しい状況となっている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年7月30日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古