2012年7月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:32 Jul 31 2012

五輪柔道、松本薫が日本待望の金メダル第1号 (2)

 松本選手がコメントの中で、48キロ級と52キロ級に特に触れたのにはわけがあった。日本は五輪開幕前、柔道の男女共7階級での金メダル獲得を目標に掲げていたが、前日行われた同2階級ではメダルさえ取れなかったのだ。特に、ワールドマスターズなど最近の国際大会で6回優勝し、金メダルに最も近いと言われていた48キロ級の福見友子選手がオリンピックの重圧からか、4位という残念な結果に終わっていた。福見選手本人も試合後、「一生悔いが残る試合」と落胆を隠せなかった。

 一方、2008年の北京五輪で銅メダルを獲得した、52キロ級の中村美里選手もオリンピックの雰囲気に呑まれてしまった典型的な例だろう。世界柔道選手権で2度優勝した経験があり、「ポスト谷亮子」と期待されていた中村選手は当然優勝候補だったが、なんと一回戦で敗退してしまった。

 そんな悪い流れになっていた日本柔道勢だったが、松本選手が見事金メダルを獲得。取材に対して、「金メダル第1号をとれて本当にうれしい」と興奮。そして試合中から真剣な眼差しをしていた松本選手は表彰台の一番高い所に立った時も、緊張からかずっとブーケをいじっていたが、「君が代」を聞き終わると、一気に笑顔がこぼれた。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年7月31日

[1] [2]



印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古