五輪女子競泳、中国葉詩文が五輪記録で2冠獲得

 

 ロンドン五輪は現地時間31日、競泳女子200メートル個人メドレー決勝が行われ、中国の葉詩文選手(16)が五輪新記録の2分7秒57で金メダルを獲得。中国に今大会12枚目の金メダルをもたらした。「人民日報」のニュースサイト「人民網」が報じた。

 葉選手は28日に行われた400メートル個人メドレーでも世界新記録で金メダルを獲得しており、中国の水泳選手としては初めて五輪1大会で2枚の金メダルを獲得した選手となった。

 銀メダルは2分8秒15のアリシア・クーツ選手(オーストラリア)、銅メダルは2分8秒95のケイトリン・レベレンズ選手(米国)だった。

 葉選手は試合後の会見で、「調子はあまり良くなく、前半は出遅れた」としたものの、「試合前にコーチにリラックスして、落ち着いて泳げばいいと」アドバイスしてくれたと淡々とコメント。「本当はすごく興奮しているけど、表現できない」と16歳らしい一面も見せた。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年8月1日