2012年8月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:10 Aug 02 2012

バドミントン女子ダブルス 無気力試合で4組失格

 世界バドミントン連盟(BWF)は1日に公告を発表、ロンドン五輪女子ダブルスに出場した4組8選手が、やる気のない試合を行ったとして、8選手の五輪出場資格を取り消したことを明らかにした。公告によると、4組は先月31日に行われた五輪バドミントン女子ダブルスの試合で、無気力なプレーで勝敗を操作しようとしたことから、BWFは8選手の五輪出場資格を取り消した。人民日報が報じた。

 BWFのトーマス・ルンド事務局長は「BWF紀律委員会は、今回の件に関して公聴会を開き、BWFは、于洋・王暁組(中国)、ポリー/ジャウハリ組(インドネシア)、キム・ハナ(金荷娜)/チョン・ギョンウン(鄭景銀)組(韓国)、ハ・ジョンウン(河貞恩)/キム・ミンジョン組(韓国)4組8選手の失格処分を決定した」と話した。

 公告が発表された後、韓国とインドネシアは不服を申し立てたが、中国は申し立てなかった。

 4組8選手の競技が「無気力なプレー」と指摘されたのは全て、7月31日行われたバドミントン女子ダブルス1次リーグの各最終試合だった。A組の于洋・王暁組は、韓国のキム・ハナ/チョン・ギョンウン組と対戦したが、明らかにやる気のないプレーやミスを重ね、0対2で敗れた。C組のハ・ジョンウン/キム・ミンジョン組とポリー/ジャウハリ組の試合でも、同じような無気力なプレーが目立った。

[1] [2]



印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古