2012年8月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:06 Aug 02 2012

アベック台風の影響十数省に 各地河川・ダムの水位上昇

 台風9号「サオラー」と10号「ダムレイ」は、次々と中国に近づいている。国家洪水防止・干ばつ対策総指揮部弁公室担当者は、今回の「アベック台風」が中国に及ぼす影響、被害予防における問題点、具体的台風対策などについて、次のように語った。

 ▽影響 多くの省で長い間激しい雨が降る

 気象監測データによると、台風9号は台湾東部近海に、10号は東中国海北部一帯に、それぞれ近づいており、いずれも中国大陸東部沿岸に上陸する見込みだ。

 中国を挟み撃ちしつつあるアベック台風は、広い範囲に影響を及ぼし、大変厳しい情勢となる。特に大陸部に上陸した後は、内陸部まで達し、黄河・淮河・長江・淮河流域さらには華北地域に強い雨をもたらし、洪水・台風被害防止をめぐる情勢はかなり厳しく、予断を許さない状況が続いている。

 台風の影響を受け、福建、浙江、江西、上海、江蘇、山東各地は「大雨」(24時間の降水量が25ミリ以上)あるいは「暴雨」(50ミリ以上)に見舞われ、沿海の一部地域では「大暴雨」(100ミリ以上)となっている。今月1日からの激しい雨は5日ごろまで、5日以上続くと見られる上、南西の季節風が吹いていることから、降水量はさらに増加する見通し。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古