2012年8月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:13 Aug 03 2012

中国に台風9号10号が相次いで上陸、最高レベルの警報

 中国の中央気象台によると、台風第10号の「ダムレイ(中国名「達維」)は2日午後9時、江蘇省響水県陳家港鎮に上陸。上陸時の中心付近の最大風力は70ノット(秒速35メートル)。午後5時の時点で、長江の河口や海上で作業をしていた船8142艘の乗組員10万6千人が引き返し、大型台風に備えた。「人民日報」が報じた。

 中央気象台は同日午後1時、台風の警報としては最も強い警告の「赤色警報」を出した。そして、午後6時には「暴雨の黄色警報」も出した。同気象台の許映龍・主席予報員は取材に対して、「『ダムレイ』は中国が1949年に有効で整った気象記録を始めて以来、長江北部に上陸した最も大きな台風」と警告。予報によると、「ダムレイ」は上陸後、1時間当たり約30キロの速度を保ちながら西北西から西北に向きを変えながら進み、勢力は少しずつ弱まっていくとみられている。

 一方、台風第9号の「サオラー(中国名「蘇拉」)の中心は同日午後5時現在、台湾北部の近海にあり、2日の夜中から3日の午前にかけて、福建省の福清市から浙江省楽清市一帯の沿海に到達する。「ダムレイ」と「サオラー」の影響を受け、2日午後8時から3日の午後8時ごろまで、東海(日本海)南部、中国大陸と朝鮮半島の間にある黄海の中部・南部、福建省の沿海などでは秒速13メートル以上の非常に強い風が吹くとみられている。また遼寧省南部や山東省、福建省中・北部などで暴風雨になる可能性がある。

 同気象台の専門家は、「『サオラー』と『ダムレイ』は相互に刺激し合い、ほぼ同時に中国の沿海地域に到達する。このような状況は非常に珍しい。『サオラー』と『ダムレイ』は風力が強く、大陸に上陸する時間も長い。また、降雨量が非常に多いなどの特徴もあり、非常に破壊力がある」と警笛を鳴らしている。

 台風の影響を受ける関連の省や流域の国家洪水防止・干ばつ対策総指揮部は直ちに緊急対策を実施。全力で台風対策を進めている。うち、山東省や浙江省は警戒レベルの最も高い「1級」の緊急対策を発令。一方、江蘇省や大きな河川「海河」では「2級」、天津市では「4級」の緊急対策を発令している。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年8月3日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古