2012年8月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:38 Aug 06 2012

東日本大震災のゴミが北米に漂着、処理費用は誰が負担?

 昨年3月の東日本大震災の大津波では、少なくとも480万トンのゴミが海に流れ出たとされており、そのうち3分の1は北米に向かって漂流している。米国やカナダの西海岸では今年3月ごろから、ゴミの漂着が確認されており、10月ごろからさらに漂着が本格化するとみられている。中国国営の新華社通信が報じた。

 日本などの報道によると、日本の環境省が派遣した非政府組織(NGO)や専門家ら7人による調査チームは4日、米西部のオレゴン州を訪問し、米NGOとともに観光名所キャノンビーチ海岸でごみを収集。5日から2日間、ポートランドで米NGOと会合を持ち、がれき対策の連携方法について話し合うという。相当額に上るとみられる処理費用調達の問題に関して、米国とカナダの政府は日本政府と話し合いを進めており、日本が費用を負担する可能性もある。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年8月6日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古