2012年8月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:04 Aug 29 2012

「我孫子」「丁寧」 中日ネットユーザーが驚く五輪選手の苗字

 世界最高レベルのスポーツの祭典である五輪には、非常に多くの選手が世界各国・地域から参加している。驚くような名前の持ち主がたくさんいても驚くには及ばない。開催中のロンドン五輪で陸上競技女子棒高跳びに出場した日本の我孫子智美選手は、「我孫子(中国語で『私の孫』の意味)」という苗字ゆえに、中国のネット上で話題を集めた。中国各紙が伝えた。

 我孫子選手が最初に中国人の間で話題になったのは、2010年広州アジア競技大会女子棒高飛び競技の時だ。この時、中国の李彩霞選手が金メダル、李玲選手が銀メダルに輝いた。しかし、授賞式で注目されたのは、金・銀メダルの栄冠に輝いた両選手ではなく、銅メダルを取った我孫子選手だった。

 会場の電光掲示板に受賞選手の名前が表示された時、会場全体に大きなどよめきが沸き起こった。観客の眼は一斉に、「我孫子智美」という名前に釘付けとなり、その後ひとしきり、「我孫子智美」はネットで人気検索ワードとなった。

 その理由は、「我孫子(あびこ)」という苗字を中国人がそのまま読むと「私の孫」という意味になるためだ。長幼の順序を重んじる中国では、「我孫子」はののしり言葉としても使われ、中国語で「あなたは我孫子だ」というと「オマエは俺の孫だ」と侮辱したことになる。そんな特殊なニュアンスを含んだ言葉なのだ。

 そう考えると、中国人がこの苗字を初めて見聞きしたときに驚くのも無理はない。だが日本には、「我孫子」という名の有名人はたくさんおり、推理小説家として名高い我孫子武丸氏もその中のひとりだ。

[1] [2]



印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:2

   

最新コメント
田淵 勝   2012-08-27202.91.158.*
日中の文化の感じ方がよく分かり、新しい視点から考えられ興味深く拝見しました。身近な、普段は意識していないことが、かくも意義あることと感心しました。政治のことも大事ですが、共通の漢字文化に「おや」と思うこのような記事を今後も期待します。
通りすがり   2012-08-12111.188.211.*
こういうぬる~いネタはいいですね。日本のマスコミもそうだけど、意図的に対立を煽るような記事を増やすんじゃなくて、こういうのを増やして欲しい。
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古