2012年8月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:19:01 Aug 09 2012

中国、新「漢学計画」始動 漢字博士を世界から募集

 南開大学は8日、中国新漢字計画の対象校13校に指定された大学のひとつとして、今年9月に、漢字研修「外国人博士」を全世界から募集する計画を明らかにした。中国新聞社が伝えた。

 外国人漢字博士の募集は、優秀な外国人学生や若手学者が中国のトップレベル大学に入り、人文科学や社会科学の「新漢字計画」の研究に取り組むことを、資金面で支援することが目的で、中国国家漢語国際普及指導チーム弁公室の呼びかけで設立された。奨学金の支給対象は▽中国で博士学位の取得を目指す大学院生▽共同教育プロジェクトに参加する博士課程院生▽課題研究の共同研究に取り組む博士課程院生▽3カ月から1年の期限で中国に短期研修に来ている若手客員研究員。研修対象となる専門分野は、人文科学類と社会科学類で、中国伝統文化と現代中国に関する分野が中心。研修科目には、中国語・中国文学、歴史、哲学、経済学、法律学、政治学、社会学などがある。合格者には、年間17-19万元(約209万-233万円)の奨学金が支給される。

 南開大学の朱光磊・副校長は、「本学は、今年9月、全世界からの漢字博士募集作業をスタートする。10月末までに定員を決定、選考作業を終了する。合格者には2013年2月28日までに選考結果を通知し、合格者は2013年春季または秋季に訪中、研修・研究活動を開始する。同校ではすでに、今回の計画に参与するシニア博士指導教員第1弾82人の選抜を終えた」と述べた。

 「新漢学計画」博士奨学金プロジェクト第1弾に指定された大学は、北京師範大学、南開大学、吉林大学、山東大学、北京大学、中国人民大学、北京外国語大学、復旦大学、南京大学、華東師範大学、四川大学、武漢大学、厦門大学の13校。支援に向けた投入資金総額は5千万元(約6億1500万円)。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年8月9日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古