2012年8月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:03 Aug 13 2012

北京市、豪雨対策にアンダーパス20箇所で貯水池整備

 北京市は豪雨対策のため、9月15日の増水期が終わったあと、市内20箇所のアンダーパスで、貯水池を整備する工事を始めるということだ。

 北京市水務局が12日、明らかにした。貯水池の建設案は現在、都市計画当局と共同研究している最中で、第一陣として整備対象にリストアップされるパンダーパスは全体の4分の1を占めている。その大半は排水施設が老朽化し、強い雨の場合、深刻な冠水が発生する状況が長年続いていて、周囲は広いグリーンゾーンがあることが特徴だ。

 関係筋によると、地下に建造する貯水池に水を溜めると、アンダーパスに溜まったままの水を調節できる。豪雨後、貯水池の水を付近の河川に流すか、地下に送り込み直接地下水として補給することもできる。この貯水池は来年の増水期の前までに完成する予定ということだ。

 中国国際放送局日本語版より 2012年8月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古