2012年8月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:32 Aug 13 2012

朝鮮人少女を救うため犠牲となった中国人の記念碑建立

 朝鮮は12日、東北部羅先市で中国人・張景栄さんの記念碑落成・除幕式を行った。張さんは2年前、水に溺れた朝鮮人少女を救おうとして不幸にも命を落とした。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 朝鮮中央通信の報道によると、清津中国領事館の田宝珍総領事、中国吉林省延辺朝鮮族自治州担当者、張景栄さんの遺族、羅先市人民委員会幹部らが式典に参加した。

 羅先市人民委員会の崔蓮淑・副委員長があいさつに立ち、「張景栄氏の気高いインターナショナリズム精神は、朝鮮・中国両国の国民の心に永遠に活き続けるだろう」と語った。

 張景栄氏の息子の張鵬氏や救出された全恩珠さんも、式典であいさつの言葉を述べた。

 2010年8月15日、羅先市で働いていた張景栄さんと同じく中国人の阮興望さんは、同市で水に溺れた少女3人を救出しようとし、張さんが不幸にも命を落とした。昨年4月、朝鮮最高人民会議常任委員会はピョンヤンで張さんに1級友情勲章を、阮さんに2級友情勲章をそれぞれ授与し、自分の身の危険も顧みず少女たちを救おうとした2人のインターナショナリズム精神をたたえた。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年8月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古