2012年8月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:09 Aug 14 2012

オリンピックと万博、世界を一つにする友好の祭典

 8月12日、地球の西洋と東洋で、世界の注目を集めた2つの祭典が閉幕した。それは、ロンドン五輪と韓国麗水万博だ。この2つの世界で最も盛大な祭典において、中国は大活躍を見せた。人民日報海外版が伝えた。

 筆者はオリンピックや万博と縁があり、思い入れも深い。1993年9月、北京が2000年夏季オリンピックの開催を申請した際、筆者は中国代表団の報道官だった。その後2008年北京五輪の開幕式に出席し、今年のロンドン五輪開幕式にも出席することができた。

 筆者と万博のつながりはさらに深い。2010年の上海万博には、全面的に参与する機会を得た。筆者は2003年に国際展覧局の主席となり、4年間就任し、その後名誉主席となった。2005年の愛知万博、2008年のスペインのサラゴサ万博、2010年の上海万博、今年の麗水万博と、今世紀に入ってから万博が計4回開かれたが、これらの万博の評価委員を歴任した中国人は筆者ただ一人だ。

 オリンピックと万博は、世界最大規模の、最も影響力ある祭典だ。過去20年、筆者はオリンピックと万博に関わり、「世界はオリンピックと万博を必要としている」ことを悟った。これらの大会は、人類文明の進歩の産物であり、これらの大会の開催は、人類文明の進歩を促す。これはオリンピックと万博が100年以上に渡る不朽の活動となった根本的な理由だ。

 オリンピックと万博はまた、人類に対して反省と革新の継続を促している。

 麗水万博のテーマは、「生きている海、息づく沿岸」だ。世界は発展しており、人類は進歩している。しかし人類の居住環境は悪化しており、海洋・海岸の汚染が進み、人類の生存と発展を著しく脅かしている。麗水万博は、上述した状況は継続できないという、確かな情報を伝えている。102のパビリオンを参観すると、筆者は「今回の万博は、世界の反省を促している」と感じた。

 麗水万博はまた、人類がさらなる発展を遂げるためには、海洋・海岸に対する研究を強化する必要があると強調した。人類の海洋に対する理解は、海洋全体の5%にとどまっており、しかも深海に関する情報は非常に少ない。中国の有人潜水艇「蛟龍号」は7062メートルの最大深度に達し、世界記録を更新した。人類が全面的に海洋を理解するためには、より深い深海を調査し、新たな発展を切り開かなければならない。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古